天蚕の撚糸(そうし)・撚糸(ねんし)実演!!

京都でご活躍されている下村さんに来て頂き、貴重な八丁撚糸機を学べるチャンスです!

日時 9/8(木) 9:30~12:00 ,13:00~15:00
場所 安曇野クラフトゲート匠の杜(国営アルプスあづみの公園 堀金・穂高地区 須砂渡口)
講師 下村 輝さん(下村ねん糸代表 日本竹筬技術保存研究会代表)
費用 無料(ただし入園料 大人410円 子供80円 65歳以上210円が必要)

予約不要です。
お問い合わせは 古田春江さん(080-10109-0981)まで

下村さんHPより

『絹糸は繭から作られます。
その繭は、天の虫・蚕(カイコ)が作った自分の家です。
自分自身を守る蛋白質の天然繊維、 それを人が利用させてもらっています。
その自然の長い繊維の状態で、今、可能な限り自然な形で製糸さんに糸にしていただき (諏訪式座繰製糸や横挽きの上州式座繰製糸)、その糸をねん糸して、全国各地の染織をなされている方達に 絹糸を届ける仕事をしています。

そして、繭からの実際の糸作りや真綿作り、 真綿からの糸作りなど、繭の事、虫の事も含めて原点の事を知っていただき体験していただく事も私の大切な役割り、 そんな気持ちでこの絹糸の仕事を続けていきたいと思います。
絹糸の「より」、その使い方も含めて、染織家の方々に絹糸を提供する仕事に携わっています。
さらに現在は、途絶えた竹筬の復活と技術の伝承を目指して「日本竹筬技術保存研究会(通称 竹筬研究会)」を主宰しています。個人的レベルでは、撚糸器をはじめとする各種織り道具の開発、職人技術の伝承と継続を目的とした活動もしてます。』