2018春 チューリップ・ナノハナ開花情報

チューリップの見頃、4/14・15(土・日)前後 ~ 4/21・22(土・日)の見込み!

95品種24万本のチューリップと、500万本のナノハナを中心に、
春の花の開花状況を写真とともに随時お知らせします。

今年は、サクラなどの開花が昨年に比べて1週間から10日ほど早く、チューリップも例年になく
早い開花となりそうです。4月14日・15日(土・日)から21日・22日(土・日)頃が見ごろとなるでしょう。

里山文化ゾーンのナノハナの見頃は、4月下旬から5月上中旬となる見込みです。


【4/25 開花状況 チューリップ今週末まで・ナノハナ見頃始め 】

チューリップは、段々原っぱの一部で花が終わり始めていますが、
段々原っぱ西側のエリアは、まだ綺麗に咲いています。

「アイスクリーム」等の遅咲きの品種が咲きそろってきました。



チューリップは、今月末までご覧いただける予想です。

ヤエザクラが見頃を迎え、再びチューリップとの共演が見られます。

里山文化ゾーンの ナノハナは、見頃始めとなりました。
一面黄色のナノハナ畑、今日の曇り空にも映えていました。

来園された方は写真撮影や、お散歩を楽しんでいる様でした。

そのほか
園内では水辺の休憩所付近で、フジも咲き始めています。

【4/20 開花状況】 チューリップが見頃のピークです!

チューリップが今週末にかけて、見頃のピークを迎えます。
この週末に是非、お越しください!

いよいよ「SPRING FESTA 2018」の開幕です!

【4/18(水)】雨上がりのチューリップ7~8分咲き。今週末がピークの見込み。

日陰の多い一部エリアと遅咲き品種をのぞき、ほぼ咲き揃いました。
4/21(土)、22(日)がピークとなる見込みです。

つぼみの状態のエリア(古墳周辺)、品種も見られます。

【4/13(金)】 段々原っぱチューリップ見頃 サクラ類見頃過ぎ ナノハナ未開花

【池の北側周辺】つぼみが膨らみ、もう少しで咲き揃いそうです。

【古墳の周辺】サクラは葉桜へと変わりつつあります。

【段々原っぱ周辺】チューリップが綺麗に咲いてくれています。今週末はサクラと一緒に楽しめそうです。

*ナノハナは一部咲いている箇所もありますが、全体的には未開花に近い状態です。
見頃は4月下旬~5月中旬を予定しています。お楽しみに!

【4/10(火)】チューリップ全体的につぼみがふくらみ2分咲き。サクラ、ハナモモ満開

【池の北側周辺】 いろんな品種が植わっている混栽エリアは咲き始めました。

【古墳の周辺】 一番つぼみが固いエリアです

【段々原っぱ周辺】 上段と中段の一部、最下段の野の休憩所北側で咲き始めています。

※ サクラ、ハナモモは各所で満開!!

【4/4(水)】 チューリップ2品種咲き出し、アンズ・サクラ・ハナモモ見頃に

チューリップは2品種、咲き出しています。あとはつぼみの状態で、来週あたりから咲き始めるでしょう。

段々原っぱの東端、野の休憩所周辺のアンズ、サクラ、レンギョウは今が見ごろ。各所のサクラ、ハナモモ、5分から7分咲き。